就労継続支援A型・B型事業所指定申請なら

就労継続支援どっとこむ

人員基準とは

A型事業所の人員基準

 

名称 内容 人員基準 資格
管理者 職員の管理、指定就労継続支援A型の利用の申し込みに係る調整、事業所の職員に対し遵守させるため必要な指揮命令を行う。 1人(管理業務に支障がない場合は他の職務の兼務可、なお、常勤でなくともよい)

次のいずれか
・社会福祉主事任用資格を有する者
・社会福祉事業(小規模作業所も含む)に2年以上従事した者
・企業を経営した経験を有する者

サービス管理責任者 就労継続支援A型計画作成アセスメント実施や日常生活を営むことができると認められる利用者に対し、必要な支援を行う。また、他の従業者に対する技術指導及び助言を行うこと。 

利用者数60人以下で1人以上必要
・1人以上は常勤(業務に支障がない場合は他の職務の兼務可)

次の全てを満たすこと
・実務経験(相談支援業務に5年以上または直接支援業務に10年以上。資格により短縮あり)
・サービス管理責任者研修の終了(修了証書必須)

職業指導員 個別支援計画に基づき、就労の機会の提供及び職場実習の開拓を行い、一般就労後も職場定着を図るための支援を行う。 

・常勤換算で10:1(利用者数:職員数)以上、1人以上常勤
・職業指導員・生活支援員それぞれ1人以上配置

特に資格は必要ないが、障がい福祉に携わっていた者が望ましい。
生活支援員 個別支援計画に基づき、日常生活上の支援を行う。 

・常勤換算で10:1(利用者数:職員数)以上、1人以上常勤
・職業指導員・生活支援員それぞれ1人以上配置

特に資格は必要ないが、障がい福祉に携わっていた者が望ましい。

 

その他事業所の人員基準について

就労移行支援事業サービス従業者

 項目4職業指導員・生活支援員

  • 常勤換算で6:1(利用者数:職員数)以上、1人以上常勤
  • 職業指導員・生活支援員それぞれ1人以上配置
  • 就労支援員・・・職場実習のあっせん、求職活動支援、職場定着支援を行う
  • 常勤換算で15:1(利用者数:職員数)以上、1人以上常勤 
  •   →よって、利用者数が15人までの事業者は常勤1人配置
就労継続支援B型サービス従業者

職業指導員・生活支援員

  • 常勤換算で10:1(利用者数:職員数)以上、1人以上常勤
  • 職業指導員・生活支援員それぞれ1人以上配置
人員配置基準例

例)就労移行支援(定員8人)と就労継続支援B型(定員12人)の多機能型事業所(定員計20人)の場合
(新規か旧法施設か等で利用者数の考え方が異なるため、ここでは「利用者数=定員」とします)

○共通
  • 管理者 常勤1人配置
  • サービス管理責任者 常勤1人配置
○就労移行支援 職員配置基準6:1以上
  • 職業指導員 常勤1人配置(常勤換算1.0)
  • 生活支援員 非常勤1人配置(週2日勤務=常勤換算0.4)
  • 就労支援員 常勤1人配置(常勤換算1.0) ← 定員15人以下の場合常勤1人配置(※下記の計算には含まれない)

必要数:8人÷6=1.33・・
配置数:1.0+0.4=1.4→ 基準クリア

○就労継続支援B型 職員配置基準10:1以上
  • 職業指導員 常勤1人配置(常勤換算1.0)
  • 生活支援員 非常勤1人配置(週1日勤務=常勤換算0.2)

必要数:12人÷10=1.2
配置数:1.0+0.2=1.2→基準クリア
※各サービスに配置されている生活支援員の兼務については、時間が重ならなければ可
(同一の人が就労移行支援では月曜及び金曜、就労継続支援B型では水曜に勤務してもOK)

 

全国対応 お問い合わせ窓口 TEL:0776−26−3175
受付:平日9時〜18時 行政書士中出和男事務所
(上記以外の受付もお客様のご都合により柔軟に対応致します。まずは、お問い合わせください)

 

 

※お問い合わせをご希望の方へ、ご利用の前に「特定商取引に基づく表示」を必ずお読みください!


ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ お問い合わせフォーム よくあるご質問 お客様のコメント 事務所概要 特定商取引に基く表示